利用している整骨院をキャンセルして新しいところを探す5つの理由

整骨院,キャンセル,理由体験談・雑記
スポンサーリンク

つい最近まで別のところに通っていて…

良いところが無いか新しく探しています

新規の方が来られた時、問診で話を聞いているとこんなフレーズに出会うことはないでしょうか?

自分が開業している土地が大阪で近隣に鍼灸整骨院が乱立している環境なのも相まってか、個人的にこのフレーズはよく耳にします。

 

完全に初めての方が少ないかも?

 

では実際にこういった人たちはなぜ新しい鍼灸院や整骨院を探し求めるのでしょうか?

長く通い続けてくれる人もいれば、そうでない人もいる。

回数が浅い段階での離脱なら理由も上がりやすいですが、長く通ってくれた人ほどふとしたことがきっかけになっているようです。

 

この記事では「ある程度の期間同じところに通っていた人がそこを辞めてしまった理由」についてまとめてみました!

参考までにどうぞ!

この記事を書いている僕の簡単な経歴です。

18歳で鍼灸・整骨院業界に入る
↓↓
10年間で2つの鍼灸整骨院で勤務
その間に働きながら「鍼灸師」「柔道整復師」の資格を取得
大阪を中心とするグループ院の本院で副院長を3年
↓↓
夫婦で鍼灸整骨院を開業
↓↓
妻が別事業をすることにより完全一人の鍼灸整骨院を現在運営中

◆開業して鍼灸整骨院の運営4年目
◆開業してから赤字は0回
◆完全一人院でのびのびと仕事

さらに詳しい経歴はこちらの記事をお読みください(^^)

僕の経歴紹介
当ブログ「一人鍼灸整骨院のまったり開業・運営記」をご覧いただきありがとうございます! この記事では当ブログを管理する「たまち」という人物がどのようなストーリーでこの業界にいるのかをまとめています。 ど...
スポンサーリンク

新しい整骨院を探しはじめる5つの理由

 

僕が患者さんに話を聞いていく中で良く言われる理由は以下のものが多いです。

◆スタッフがいなくなった
◆スタッフが毎回変わる・頻繁に変わる
◆雰囲気が合わない
◆何となく行かなくなったから
◆引越ししてきた

スタッフがいなくなった

ずっと担当してくれていた先生がいなくなった

その人の体のことを最も知るスタッフ、信頼していたスタッフが抜けてしまったパターンです。

スタッフがいなくなる理由としては退社・異動(グループなら)といったところでしょうか。

引継ぎが上手く出来ていればそのまま通うことも多いですが、そうもいかなかったり急な異動で行ってみたら予告なくいなくなっていたようなケースもあるようです。

 

技術だけでなく人的な相性もあるし…

スタッフが毎回変わる・頻繁に変わる

上の理由と似ていますが中身は全く違います。

 

行くたびに施術する人が変わる!

 

つまり、担当制や固定制な運営ではなく「来た時に空いている人が対応する」というスタンスのところに行かれていたケースです。

「毎回変わられるのが嫌だ」
「同じ人にしっかり見てほしい」

このような事も離れる理由になりますが、このパターンで一番多く聞くのは

 

行くたびに何度も同じ説明をしないといけない

 

ということです。

問診で直接話をしたり検査をしたり。

それを担当したスタッフはカルテに情報を書いているはずですが、細かい内容については都度聞いていかなければいけません。

その度に同じ説明を繰り返さなければならないのは患者さんからすれば当然しんどいのです。

雰囲気が合わない

あそこはガヤガヤうるさくて居酒屋みたいで落ち着かない!

静かすぎて居心地が良くない…

正直その院のコンセプトもあるところなので難しいところ。

これに関しては施術うんぬんではなく「合わなかった」と割り切るしかないようにも思います。

 

うちの院は個人で完全にマンツーマン。

しかも施術中はほぼ話さないのでBGMと外を通る車の音だけが響いています。

ガヤガヤとした空間が苦手な方には喜ばれますが、反面静かだと気まずく感じるような人には向きません。

 

こればっかりはね…

 

ミスマッチを防ぐためにもホームページやSNSなどであらかじめどのような雰囲気なのかを分かるように写真を載せたり文章化したり。

口コミや感想をもらえるのであればそこに一言添えてもらうのも良いかもしれません。

何となく行かなくなったから

特に理由はないけど何となく足が遠のいた

調子が良くなったからいったん辞めた

 

このようなこともまた理由として上がります。

 

長く通っていると、それなりに仲良くもなります。

そうなってきて体のチェックやカウンセリングが適当になっていませんか?

患者さんとの会話が世間話ばかりになってきていませんか?

 

悪いとは言わないですが、そうなってくると通う理由もなくなりますよね。

身体のケアをしに来てるんだから当たり前です。

 

(言うほどでもないけど気になるな…)

 

このようなサイレントクレームや通院・内容のマンネリの積み重ねが「なんとなく」の離脱原因として考えられているそうです。

引越ししてきた

ここに関しては至極まっとうな理由になりますね!

以前の居住先で通っていたけど、引越しをきっかけに行けなくなったパターン。

割と通いなれている方も多く、僕の開業先では引越しされてきて慣れている方はドクターショッピングをされるケースが多いです(厳密にはドクターではありませんが)

色んなところで相手のニーズをくみ取らないといけない

 

初めて来られる方は何らかの悩みや来るだけの理由をお持ちです。

それに対してしっかり向き合ってお話していれば「相性が合わなかった」「施術が合わなかった」などでない限りは目安としてお伝えした期間は来てもらえるはず。

 

それ以降も調整を続けるのであれば施術内容・ペース・料金面だけでなくこれらの理由に対しても対策は必要です。

考えておかなければならないことは多いですね!

 

その患者さんが長く続けたいと思っているのか、症状が良くなればスッパリやめたいのか。

きちんとくみ取れるようにしておきましょう。

利用している整骨院をキャンセルして新しいところを探す5つの理由まとめ

整骨院,キャンセル,理由

◆スタッフの入れ替わりなどの理由が多い
◆技術面での理由はあまり聞かない(言われないだけ?)
◆「なんとなく」という曖昧な理由もある(マンネリ化と推測)
◆なぁなぁになると気づけば離れていく

以上です!

 

スタッフの入れ替えや院内の雰囲気など、どうしても変えられないところもあると思います。

それでも工夫すれば対処できる点もあるはずです。

 

少しでもニーズのずれを防ぐにはあらかじめ確認として本人に聞いておくのが一番!

問診表を利用してみたり、このタイミングで確認するというのを決めておくのが良いかもしれません。

 

いかがでしたか?

この記事が患者さんと長くお付き合いを考えていくときの参考になれば嬉しいです(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました