Q.整骨院の支払いは医療費控除の対象?A.対象。レシートは要保管!

整骨院,医療費控除,レシート,回数券質問関連
スポンサーリンク

この記事ではタイトル通り整骨院での支払いは医療費控除の対象になるのかについて解説します!

良くある質問シリーズです(^^)

 

整骨院のレシートって医療費控除に使えますか…?

結論から先に伝えておきますと

 

医療費控除は使えます!

ただし鍼灸院・整骨院の支払で医療費控除の対象になるものとならないものがあります。

その証明をしてくれるのが会計時にもらうレシート!

 

なので、支払い時にもらったレシートは大切に保管しておいてくださいね!

少しでもお得に生活するためにも、医療費控除は上手に活用しましょう!

鍼灸院・整骨院以外の医療機関の分もレシートは合わせて保管です!

 

この記事を書いている僕の簡単な経歴です。

18歳で鍼灸・整骨院業界に入る
↓↓
10年間で2つの鍼灸整骨院で勤務
その間に働きながら「鍼灸師」「柔道整復師」の資格を取得
大阪を中心とするグループ院の本院で副院長を3年
↓↓
夫婦で鍼灸整骨院を開業
↓↓
妻が別事業をすることにより完全一人の鍼灸整骨院を現在運営中

◆開業して鍼灸整骨院の運営4年目
◆開業してから赤字は0回
◆完全一人院でのびのびと仕事

さらに詳しい経歴はこちらの記事をお読みください(^^)

僕の経歴紹介
当ブログ「一人鍼灸整骨院のまったり開業・運営記」をご覧いただきありがとうございます! この記事では当ブログを管理する「たまち」という人物がどのようなストーリーでこの業界にいるのかをまとめています。 ど...
スポンサーリンク

整骨院の支払いは医療費控除が使える(レシートは要保管!)

 

医療費控除の対象となる項目について

◆実際の施術費用
◆コルセットなどの物販購入
◆交通費

これらが対象として認められます!

 

実際に窓口で支払った費用はもちろんのこと、痛みを緩和させるために必要だったサポーター。

鍼灸院・整骨院に来るまでにかかった交通費。

 

これらも医療費控除の対象です!

交通費に関しては利用した機関への問い合わせや出金伝票を利用してくださいね(^^)

整骨院での実際の施術費用

 

こちらはもちろん医療費控除の対象に入ります!

ただし肩こりや慢性的な腰痛などに対しての施術や体のメンテナンスという名目のものはNG。
(そもそもそういう場合には保険は適応されませんが……)

痛みに対しての治療という目的のものでなければ対象となりません。

 

例えば腰を揉んでもらうという行為でも

腰の痛みを取るためのマッサージ→保険適応。医療費控除の対象になる
腰がだるいからマッサージを受けたい→保険適応外。医療費控除の対象からも外れる

こういう扱いです!

 

お会計をした時、整骨院では領収書の発行は義務付けられています。

絶対にもらえるはずなので、もらったら無くさないようにしてください。

発行されないような感じなら、こちらから要求してしまいましょう!

毎回もらったものを保管しておくのが大変だと感じる方は月まとめにしてもらうのも一つの方法です!

スポンサーリンク

整骨院での自費施術は医療費控除の対象になるのか?

骨盤矯正や鍼灸など保険の治療と自費施術が区分されている整骨院が今は大半です。

この場合の自費施術で受けたものも医療費控除の対象になります。

 

ただしこれも【痛みに対しての施術】という理由でないといけません!

つまり

鍼灸を受けた→痛みを取るため→医療費控除の対象
鍼灸を受けた→体をほぐしたいから→医療費控除の対象外

となります。

 

どう説明しても痛みへの施術にはならないよね?

美容鍼や小顔矯正などを整骨院で導入しているところもありますが、さすがにそれは認められないと思います。

 

一日でも早く体を治すために自費でのメニューは有効な手段。

なので自費施術を受けたときは領収書に保険内と自費の料金を分けて記入してもらうようにしておきましょう!

回数券は医療費控除の対象になるのか?

回数券も治療目的のものであれば対象内となるようです。

 

痛みを取る骨盤矯正を継続して通院して受けるために回数券を購入した

ならOKだと思います。

 

定期的に美容鍼で肌のメンテナンスをしたい!

これはNGですね!

自費施術の項目でも説明したように痛みを取るためという理由ではないからです。

 

回数券となると高額になることが多いのでレシートの保管は忘れずに!

クレジットカードで支払ったのであれば、その支払い明細も確認できるようにはしておきましょう!

整骨院で購入したコルセットなど

 

膝や腰のサポーターは痛みに対してのケア用品として扱える物なので医療費控除の対象範囲内となります。

サプリメントの類は医薬品でもありませんし、直接痛みに対しての作用という風にはならないのでこちらは認められないでしょう。

 

整形外科で処方されるような飲み薬や湿布は医療費控除の対象になると思います。

医師が診断したうえで、必要と判断したものですからね!

 

かかりつけの医師にも確認してね!

 

整骨院を含む医療機関までの交通費

 

整骨院だけではなく医療機関に行くためにかかった交通費も控除の対象になります!

 

電車、タクシー、バスなどを利用して医療機関に向かう人も少なからずおられます。

そんな時の交通費も合わせて医療費控除。

もらえるのであれば領収書を発行してもらいましょう。

 

電車やバスなどであれば出金伝票を利用するとスムーズかと思います!

こちらのリンク先で画像付きで詳しく説明されていますよ(^^)

交通費も回数や機関が増えればわりと高額に。

塵も積もれば山となりますので、こまめに手続きしておきましょう!

マッサージ屋での支払いは医療費控除の対象外!

 

マッサージと整骨院の違いはこちらを参考にしてください。

 

医療費控除の対象となるのは国家資格を持った者が施術した時のみ。

同じような施術を受けたとしても、資格を持っていない人の施術なら対象外です。

 

痛みを取りたい!でも整骨院に行けなかったからマッサージ屋に行こう!

これは残念ながら痛みに対しての治療だとしても対象から外れてしまいます。

マッサージ店は慰安対象となっているからですね。

 

マッサージ店に行くことが多い人は時間帯が合わないのが一番の理由だと思います。

医療費控除のことを考えると、難しいかもしれませんが時間を作って整骨院や整形外科に受診することがおすすめです!

スポンサーリンク

整骨院でもらったレシートは医療費控除のために保管しておこう

 

医療費控除の申請をするだけならばレシートや領収書の提出は必要ありません。

ただし後々に控除内容の確認などのためにレシートなどの提出を求められるケースがあります。

 

医療費控除は申告期間が5年。

ですので5年間を目安にファイリングなどしてまとめて保管しておきましょう(^^)

こちらのリンクで他のレシートなどの保管期間についてわかりやすくまとめられています!

 

領収書だして

言われた時に焦ってしまわないように、きっちり管理が必要です(^^)

整骨院の支払いは医療費控除の対象かのまとめ

整骨院,医療費控除,レシート,回数券

◆整骨院での支払いは医療費控除に使える
◆ただし、国家資格取得者が行う痛みに対しての施術のみ
◆痛みに関してであれば保険分も自費分も控除となる
◆物販や交通費も同じ理由であれば医療費控除対象
◆レシートは保管しておく!

以上です!

 

医療費控除は整骨院のものだけでなく他の医療機関との合算で計算されます。

整骨院以外でのレシートなども合わせて保管しておいてくださいね!

 

一年間通してレシートや領収書の管理をするのは面倒です。

ですが、そこの手間をかけることで税金の支払いが少しでも減るなら嬉しいですよね!
(僕は嬉しい)

 

皆さんに少しでもこの記事がプラスになってくれれば嬉しいです(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました