鍼灸院・整骨院の開業と結婚生活で感じること

鍼灸,整骨院,開業,結婚,タイミング体験談・雑記
スポンサーリンク

最近ではTwitter界隈でも開業に向けて動いている人を多く見かけます。

大雑把な推測から察する開業する世代は20代半ば〜30代前半くらいの方が多いでしょうか。

男性サイドで言うと結婚を意識し始めるような年代でもあるかと思います。

 

自分の周りも25歳くらいが結婚ラッシュだった……

 

開業!
独立!
一人で院の運営をする!

こんな風に日々奮闘されている人も多いですが、パートナーとはしっかり話ができていますか?

 

◆仕事がこれからどうなるか
◆自分たちの関係はどう続いていくのか

ガラッと環境が変わる分、この辺りの話し合いも必須だと思います。

 

僕自身、開業するにあたって結婚のタイミングやどのように生活していくのかはしっかり話し合いました。

パートナーとの考え方のズレは極力無くしておいた方がいいからです。

 

開業前に結婚をする選択をした僕が思う

開業と結婚のメリットやデメリットについて

感じることをまとめていきます(^^)

 

この記事は開業しているけど一緒には働いていないという前提で考えています!

 

夫婦2人で一緒にお店を切り盛りしていこうと考えている方は

こちらの記事も参考に考えてみてくださいね!

 

この記事を書いている僕の簡単な経歴です。

18歳で鍼灸・整骨院業界に入る
↓↓
10年間で2つの鍼灸整骨院で勤務
その間に働きながら「鍼灸師」「柔道整復師」の資格を取得
大阪を中心とするグループ院の本院で副院長を3年
↓↓
夫婦で鍼灸整骨院を開業
↓↓
妻が別事業をすることにより完全一人の鍼灸整骨院を現在運営中

◆開業して鍼灸整骨院の運営4年目
◆開業してから赤字は0回
◆完全一人院でのびのびと仕事

さらに詳しい経歴はこちらの記事をお読みください(^^)

僕の経歴紹介
当ブログ「一人鍼灸整骨院のまったり開業・運営記」をご覧いただきありがとうございます! この記事では当ブログを管理する「たまち」という人物がどのようなストーリーでこの業界にいるのかをまとめています。 ど...
スポンサーリンク

開業していて結婚をしているメリット

 

◆支えてくれる存在である
◆客観的な意見をもらいやすい
◆二馬力で生活への余裕が持てる

 

まずは開業にあたって結婚をしているメリットから。

この辺りが僕はメリットだと感じます!

 

冒頭でも書いている通り、今回の記事は「結婚しているけど一緒に院の運営をしていない」という設定。

 

こちらの記事でも似たようなことをまとめていますが、設定が違うとメリットやデメリットも変わります!

まずは結婚をしていることのメリットから解説です!

支えてくれる存在である

これは一緒に働いていても、そうでなくても感じることだと思います。

 

◆自分が落ち込んでいる時
◆仕事で失敗したりクレームをもらったとき
◆体調が悪く、辛いとき

こんな時に愚痴を聞いてもらったり、看病してもらえたりするのは本当にありがたいです。

 

どれだけ気を付けていても体調が悪いときはやってきます。

そんな時に一人で何でもしないといけないと、休めないので回復も遅くなり仕事にも影響が。

 

失敗したりして落ち込んでいる時も同じことですね!

少しでも吐き出すことができれば気分的にも楽になります(^^)

 

もちろんこれ以外にも、自分ができないことをやってもらえる、補ってもらえるというのは大変ありがたいこと。

開業していて仕事に目が行きがちですが、それをサポートしてくれる存在というのは思っている以上に大きいです!

 

持ちつ持たれつ、自分も相手の手助けができるようにしよう!

 

支えに甘えるのではなくお互いに支えあえる存在であることが夫婦円満の秘訣でもあります(^^)

スポンサーリンク

客観的な意見をもらいやすい

鍼灸院・整骨院に限らずどの職種でも言えることですが自分だけの視点というのは偏りがち。

相手のことを考えているつもりでも、どうしても視野が狭くなってはしまいます。

 

そんな時に気軽にチェックしてもらえるパートナーがいれば?

純粋な利用する側の視点で見てもらえますので、思っている以上のアドバイスをもらうことができますよ!

 

自分のお店なので思い通り、理想のものにしたい!

 

もちろんその気持ちも理解できますが、理想だけではなく経営するという観点も持っておくべきです!

いつでも相談できる相手がいるのは心強いですよ(^^)

二馬力で生活への余裕が持てる

ここも大事なポイント!

 

開業して間もない時期は収入は安定しません!

それどころか自営業ともなると毎月安定した収入が得られるというところまでお店を軌道に乗せるのは相当大変です。

世間の流行をみて臨機応変な対応も必要ですし、常にいろいろな対策をしなければいけません!

 

その対策も空振りに終わることも多いよ……

 

上手くいっている時はいいのですが、もちろん沈んでしまう時もあります。

そんな時にパートナーが安定した収入を確保してくれているとそれだけで気分は楽に

収入が自分一人の稼ぎにかかってしまっているとプレッシャーも半端じゃないです。

 

もちろんそれに依存して頼りきりになるのはNGです!

相手も安心できるように自分もやれることはやって、少しでも早く軌道に乗せれるようにしましょうね(^^)

開業していて結婚しているデメリット

 

次にデメリット!

◆仕事への理解をしてもらえてないと揉め事が増える
◆セミナーや飲み会などに参加しにくい
◆休みの設定をプライベートで左右されることも

これらのことがデメリットに感じています。

 

一人じゃないことはメリットにもデメリットにもなります。

当たり前のことですがスケジュール管理は自分のことだけでなく相手のことも考え、尊重したうえで決めなければならないからです!

 

しっかりと話し合いができていないほどこれらのデメリットは夫婦喧嘩の火種になることは間違いありません。

以下、解説です!

スポンサーリンク

仕事への理解をしてもらえてないと揉め事が増える

1にも2にもまずはこれ。

仕事への理解をしてもらえていることが大前提です!

 

例えば休みの日でも急患で問合せがあれば向かう人もいるでしょう。

分からないことがあれば家でも勉強したくなります。

 

それでも自宅はプライベート空間なので仕事を持ち込まれると嫌がる人がいることも事実。

ちなみに僕のところはそのパターンです!

この辺りも相談しておく必要を感じますね。

 

☑何時から何時くらいまでは勉強したい
☑平日のこの日だけでも勉強の時間が欲しい
☑自宅で作業をする時は部屋を分ける

など、決め事をしましょう!

 

夫婦間でのコミュニケーションも非常に大切。

それを自分の仕事のことでおろそかにするわけにもいきません。

喧嘩をしてしまえば仕事の方に影響も出てきかねないので、注意が必要です。

 

勉強や事務作業も仕事の合間を縫ってそれなりにしよう!

セミナーや飲み会などに参加しにくい

新型コロナウイルスが流行したことがきっかけでオンラインセミナーが激増しました。

今までのオフラインでのセミナーよりも開催がしやすくなったことも要因のひとつでしょう。

しかしオンラインセミナーは平日なら夜。

 

オンラインセミナーやセラピストでの飲み会も集まりやすさを考えると土日の開催となりますね!

そうなってくると気になるセミナーとプライベートの予定がかぶってしまうことも!

 

お!このセミナー、今の自分に必要そう!

あ、この日は先に予定あるか……

 

こうなったり

 

セミナーばっかり行って休みの日もぜんぜん家におらんやんか!

こうなったりします。

 

最近はオンラインセミナーで色んなためになるお話が聞けます。

それも毎週、毎日のように。

 

これもたまに行く分には何も問題はないでしょう。

しかし気になるものに片っ端から参加しているとヘイトを貯めてしまいますので、スケジュール管理にも気を配る必要があります。

スポンサーリンク

休みの設定をプライベートで左右されることも

あまりないことかもしれませんが、たまに言われることでもあるのでデメリットとして挙げています。

 

この日にイベントあるからどうしても行きたい!

ほな休みにしよか

 

どうしてもな予定なら仕方のない事だと思います。

ただ、慣れてくるとちょっとした予定でも甘えが出て休みにしてしまうことも。

自営とはいえ利用してくれる方たちが居てのものなので、あまり頻繁に臨時休みにしていると印象も悪くなってしまいます。

 

また休みか……

 

祝日の振替など、色々と調整しやすいのも自営の特徴です。

だからと言って自分たちの予定に左右されすぎるのも良くありません。

休みにするなら休む理由がちゃんとしたものか、情報の発信がしっかり出来ているかは注意が必要です!

 

情報発信で考えることはこちらの記事から♪

開業前に結婚していた僕の経験談

 

自分は結婚していて良かったと思う!

結論から言うとこうなります。

 

たくさんの意見ももらえましたし、自分には無い視点・角度からアドバイスがあったので、かなり今も活きていると感じます。

特に内装面では女性視点が入るというのはかなりのメリットです!

 

結婚せずに付き合っているだけだったなら、ここまで本気で考えてもらえなかったかもしれません。

結局は今後一緒に生きていくか分からない人のことですからね。

支えてくれる、アドバイスももらえるというのは本当にありがたく感じます。

 

反面、セミナーや繋がりを広げるための飲み会などは非常に参加しにくいです!

たまになら何も言われませんが、気になるものが多いのも事実。

 

自分の成長も大事ですが、そればかりになってしまわないようにバランスを考えて参加する必要があります。

結局はそれぞれのタイミング

時期を考えていても思い通りにいかないことの方が多いです。

僕は開業の1年前という一番ばたばたし始める時に結婚を決めたので、両方の親から

 

本当に大丈夫か?

とかなり心配されました。

 

かと言って、自分の目標のためだけに待たせっぱなしなのもどうかと考えて決意。

その辺りはお互いにしっかりと話し合いをしたうえで決めるべきことですね!

 

開業前の忙しいタイミングでも納得した上でならOK!

逆に言うなら、落ち着いていたとしてもお互いがまだだなと感じていたらそれは結婚のタイミングではないのかもしれません。

スポンサーリンク

鍼灸院・整骨院の開業と結婚生活で感じることまとめ

鍼灸,整骨院,開業,結婚,タイミング

◆一緒に働くのと別で働いている、同じ結婚でも変わる
◆大切なのはパートナーとの話し合い
◆自分の事だけ支えてもらうのではなく相手も支えることを考える
◆どのタイミングで結婚しても正解も間違いもない

以上です!

 

結婚前に開業、結婚してから開業

一緒に働く、働かない

 

人それぞれで色んな選択肢があります。

どれも正解でもなく間違いでもありません!

唯一、間違いとなるケースは自分だけでササっとすべて決めてしまうこと。

 

会社を辞めて開業する!

応援するね!

(とは言っても、内容が分からないから不安……)

 

こんなことにならないように注意です!

 

メリットもデメリットもある開業と結婚について。

お互いがストレスを少しでも少なく出来るように将来について話し合ってみてくださいね(^^)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました