鍼灸院・整骨院の開業を考えている人必見!店舗選びの4つのポイント!

鍼灸院,整骨院,開業,店舗,選び方開業・運営
スポンサーリンク

開業に向けて店舗を探そう!

けど、店舗選びってどうすればいいんだろう…?

鍼灸院・整骨院だけでなくどの業種でも店舗の選び方や立地は非常に重要だと言われています。

なんなら店舗の選び方だけで成功するかどうかが決まると言われることも。

 

そんな風に言われたらなかなか選べないですし怖くないですか?

僕も事前にその情報を聞かされていたので店舗選びはかなり慎重に行いました!

 

この記事ではそんな僕の行った鍼灸院・整骨院の店舗選びのポイントについて解説していきます!

開業する店舗によって成功するかどうかがすでに分かれるというくらいの重要なポイント。

実際にどのように店舗を選んでいくのでしょう?

 

僕の場合は

 

話だけでも聞かせてください!

という感じで電話をしたり、実際に見に行ったり。

その中には近くだったので自転車で行ってみて、外観だけ確認した店舗もあります。

その数およそ20件。

最終的に今の店舗を契約したのはちょうど年末くらい。

11月末に退職しておりますので、会社を辞めてから約1か月くらいはずっと店舗探しに費やしました!

 

その間も院の名前を考えたり、保険請求について調べたり。

 

他にもやらないといけない手続きは多いので、この記事で僕が店舗を見ていくうえで重要に感じていたポイントを解説していきます(^^)

開業準備をする中でもTOP3に入るくらい重要なポイントですので少しでも皆様の参考してもらえたら嬉しいです!

この記事を書いている僕の簡単な経歴です。

18歳で鍼灸・整骨院業界に入る
↓↓
10年間で2つの鍼灸整骨院で勤務
その間に働きながら「鍼灸師」「柔道整復師」の資格を取得
大阪を中心とするグループ院の本院で副院長を3年
↓↓
夫婦で鍼灸整骨院を開業
↓↓
妻が別事業をすることにより完全一人の鍼灸整骨院を現在運営中

◆開業して鍼灸整骨院の運営4年目
◆開業してから赤字は0回
◆完全一人院でのびのびと仕事

さらに詳しい経歴はこちらの記事をお読みください(^^)

僕の経歴紹介
当ブログ「一人鍼灸整骨院のまったり開業・運営記」をご覧いただきありがとうございます! この記事では当ブログを管理する「たまち」という人物がどのようなストーリーでこの業界にいるのかをまとめています。 ど...
スポンサーリンク

鍼灸院・整骨院の店舗選び!今の物件に決めた4つの理由

 

◆立地が良かった
◆スケルトン物件で中を自分の好みにしやすかった
◆建物自体が新しく、周りから注目されていた
◆妻が気に入った

以上の4つが決め手となった理由です!

 

かなりの数を見て回りましたがその時にある物件は限られています。

地域が同じなら不動産会社を変えても同じ。

一つの不動産会社でしか取り扱っていないテナントが有ったりしますがごく稀です。

 

それでも色んな不動産を回って話を聞きましょう!

たくさん話を聞いたり、担当の人と話をしていることで見えてくることもあります!

 

そんな中で1日でも早く理想の店舗に決められるように僕が選んだポイントをお伝えしますので参考にしてください(^^)

一つずつそのポイントについて解説していきますね!

鍼灸院・整骨院の店舗を決めた理由①:立地が良かった

 

これが一番の理由!

 

整骨院や鍼灸院の開業では立地選びで成功するかどうかが変わると言われています。

ここで言う立地とは

☑駅や公共交通機関から近いか
☑周りの目立つ建物
☑人通りの多さ
☑周囲の住宅数

などの要素をまとめたものです。

 

全てが良い条件の店舗となると、その分家賃は高くなりがちです。

かと言って、家賃を気にして妥協しすぎると立地という面では悪くなってしまいます。

 

自分の中でどこまでなら家賃を払えるのか、どこまでなら妥協ができるのか。

ここだけは譲れないというポイントの優先順位を決めておきましょう!

あらかじめ優先順位を決めておくと軸がブレずに店舗選びもしやすいです(^^)

 

また、鍼灸院・整骨院の店舗選びのポイントとしてなら1階店舗かどうかも考えておく必要があります。

 

自分の設定したペルソナに合わせて考えよう!

1階を店舗に選ぶべき理由

鍼灸院や整骨院を頼る人のほとんどはどこかを痛めています。

そんな時に階段を使わないと入れないところよりは、スッと入れるところに目が行きがちです。

痛みをこらえている時ならなるべく入りやすいところを選びますよね?

 

例えばぎっくり腰で歩くのも辛いとき。

階段やエレベータを使って登るよりもそのまま靴を脱ぐだけで良いところの方が入りやすいですもんね。

 

それと単純に見つけてもらえるかどうかが1階かそうでないかで大きく変わります。

ご自身の近所の商業テナントの2階にどんな店が入っているかは知っていますか?

 

確かあの建物は1階に薬局があって、2階はえーっと……

みたいになりませんか?

全てがそうとは言えませんが、やはり1階のテナントは目に留まりやすい。

そうすれば患者さんに何かあった時に

 

そういえば、あそこに整骨院が新しくできていたな

と思い出してもらえる確率も上がります。

看板での宣伝効果やPOPを使った外向けの宣伝も、どれだけ良いものを作れても見てもらえなければ効果は0。

ならば少しでも見てもらえる位置に店舗もあったほうが良いですね!

人通りは多いか、目印になる建物があるか

1階に良い店舗を見つけたとしましょう。

例えばそこが夜になると暗くて人通りも少ない、昼でも閑静な住宅街。

やはりなかなか認知されるのに時間がかかってしまいます。

 

そういう静けさを売りにしたり、隠れ家的な雰囲気を作りたいのならそういう場所を選ぶべきかとも思います。

その場合には最初の資金繰りにはかなりの余裕が必要です。

僕の店舗は人通りの多い交差点に面しているところにあり、信号待ちの間に足を止めた人は結構見てくれています。
周りに大きなスーパーや飲食店、銀行などもあるので道順を説明するときにも理解してもらいやすいです。

 

売上が安定するのに時間がかかるかも……

そういった目印になるような建物があればチラシ用の地図を作る時にも非常に便利ですね!

これらを高レベルで満たしてくれていたので少し賃料は想定を超えていましたが今の店舗に決断しました。

 

広告宣伝費の代わりに家賃でお金を使っている感覚!

 

広告・宣伝をしていないわけではありません。

しかしポスティングをしていないような時期でも通りがかりで集客はできています(^^)

これが人通りの多い場所で視認性の高い店舗で開業できる最大のメリットですね!

スポンサーリンク

鍼灸院・整骨院の店舗を決めた理由②:スケルトン物件で中を自分の好みにしやすかった

 

ハッキリ言って内装はお金がかかった!

交渉して向こうも落とせる部分はだいぶ落としてくれましたがそれでも高かったです……。

おかげで良い内装にはできたので患者さんからもいつもお褒めの言葉を頂けます(^^)

 

ベッド何台置いて、ここに待合が欲しいな~

僕はこう言ったくらいで内装に関してはほとんど妻が決めてくれました。

女性視点というのはとても大切です。

 

スケルトン物件とは

スケルトン物件→中身は空っぽの状態で一からスタートの物件
居抜き物件→以前にそこで何かの営業がされていて、その中身が残っている物件

ざっくりこんな説明で伝わるでしょうか?

 

物件を何個か見ていく中で、整骨院の居抜きや焼き鳥屋の居抜きなども見せてもらいました。

 

ここは元整骨院です!38坪あります!

ひ、広すぎぃ!!

という理由で断念。

 

最終的に選んだ店舗は約9坪と小さめですが、特に問題はありません。

一人院、ベッド2台なら15坪くらいあればかなり余裕があります。

 

後は自分がどんな施術やケアをしていきたいのかによって必要な広さや間取りは変わってきますね!

 

僕は立地を優先して選んだのでスケルトンばっちこいで臨みました。

初めに内装の見積もりをみてお腹がキュッとなったのもいい思い出です(^^)

鍼灸院・整骨院の店舗を決めた理由③:建物自体が新しく、周りから注目されていた

 

たまたまですが選んだ店舗が竣工間近のマンションだったんですね。

店舗の内装工事をしている間も、通る人々が

 

何できるんやろか~

とちらちら見ながら歩いているのがすぐにわかりました。

もちろんチラシなどで告知はしっかりする考えでしたが、ある程度看板さえ先に作れば

 

ここは整骨院ができたんや!

と意識してもらえそうだったので交渉してなるべく早くに看板をつけるように業者にもお願いしました。

工事中は通る人たちも興味を持って見てくれていますので、その期間にもしっかりアピールできるように対策しておきましょう(^^)

鍼灸院・整骨院の店舗を決めた理由④:妻が気に入った

 

立地と同じくらい決定的な理由!

実は今の店舗は最後に内見に来た物件。

他にも候補は2つほどありましたが、どこか妥協をしないといけない店舗だったので決め切れていませんでした。
車道に面していて歩行者や自転車は危なかったり……

条件は良いけど3階だったり……

 

あー、どれを妥協しようかなー

と毎日頭を悩ませていました。

 

最後にもう一回別のところを見てみよう!

 

と提案してくれたのも

ここにしよ!

と後押しをしてくれたのも妻です。

本当に感謝しかありません。

自分一人で決めるとどうしても施術者目線、スタッフ目線で選んでしまいがちです。

そうなると考えていたようで見落としていた患者さんサイドの意見を拾えなくなります。

当然来るのは患者さんなので、それを見落としていると来てもらいにくくなりますよね?

 

そういった意味でも自分の中で候補が絞れて来たら身内や友人に一度来てもらい評価してもらうのは大切!

時間を取ってもらえるなら候補の店舗に誰かと一緒に来てもらいましょう(^^)

 

店舗の視認性やアクセスのしやすさ、周りの他の店舗など。

自分だけでは気づかなかったことを教えてくれると思います!

スポンサーリンク

鍼灸院・整骨院の店舗選びの4つのポイントのまとめ

鍼灸院,整骨院,開業,店舗,選び方

◆選ぶなら1階の方が宣伝はしやすい
◆人通りや目印になりそうな建物はあるか
◆店舗の中身は自分のイメージ通りにできそうか
◆自分以外(家族や友人)に評価してもらってどうだったか
◆自分の来てほしい患者さんの層が来てくれやすいか

以上です!

 

このあたりが、僕が鍼灸整骨院の店舗を選んだポイントになります。

これが全て正しいとは思っていません。

 

静かなところでひっそりとやりたいとか、特別感を出すためにマンションの一室が良いとか。

様々な方針があると思うのでそれに沿って探してください!

コンセプトやペルソナ設定はしっかり固めておくと店舗選びもしやすいです!

 

店舗選びはかなり重要なポイントなので悔いのないようにしましょう!

 

最近では店舗を持たない開業をされる先生も増えています。

それも選択肢の一つ。

視野は広くして、自分に一番合った開業方法を選んでくださいね(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました